【おうちで手作り】台所で作れるモッツァレラチーズ!〜チーズタッカルビの素材編〜

Pocket
LINEで送る

どうも、ブルーチーズドリーマーの伊勢昇平です。

突然ですが、
韓国のチーズ料理といえばチーズタッカルビ!
近年日本でブームになっていましたね。

みなさんお家で楽しむ方も多いと思いますが、実は私達いまだに食べたことがありません。。。
チーズを扱うもの、一度は食べておかなければ!ということで、

今回は一般的に使っているとろけるチーズをブルーチーズに代えて作ってみたいと思います!

ですが、ブルーチーズだけではしょっぱくなりすぎる!
程よいブルーチーズの風味にするためにも、モッツァレラチーズとダブル使いしたいとおもいます。
そしてなんと、今回はモッツァレラチーズからお家で作ってみたいと思います!

家でモッツァレラチーズを作るには、
乳酸菌(ヨーグルトでも可)と、
レンネット(ミルクを固める酵素)さえ手に入れば
作ることができます!

それでは、さっそくモッツァレラから作っていきましょう。

動画はこちらから!

◇おうちで手造り。モッツァレラチーズ◇

【材料】

・牛乳(低温殺菌のもの)・・・1〜1.5リットル程度
・乳酸菌・・・0.1グラム ??
・レンネット・・・2〜3滴程度

牛乳を固めるためのレンネット

またはこちら

・お湯・・・2リットル程度
・塩・・・適量

【必要な調理器具】

・大きめの鍋
・温度計
・ザル
・ボウル
・木べら 2本

【作り方】

1、牛乳を鍋に入れ35〜40℃になるように温めたら、乳酸菌を振りかけます。混ぜたら温度を保ちながら1時間。菌の動きを活性化させます。

※乳酸菌が手に入らない場合、ヨーグルト大さじ1で代用できますが時間を長めに置きます。半日〜1日程度。

2、1時間後レンネットを入れて静かに混ぜたら流れを止めて蓋をし、20分置きます。

※レンネットとは・・・仔牛の4番目の胃袋にあるミルクを固める作用のある酵素(凝乳酵素)。インターネットで販売しているショップがあるのでそちらで入手可能です!

3、ふるふると表面が固まっていたらナイフで縦・横1.5センチ程度のサイコロ状になるように切っていきましょう〜そのまま30分置きます。

4、徐々に白い固形(カード)と、黄色い水分(ホエー)に分かれてきたら静かに混ぜ10分置く。これを2回繰り返し。

5、もう一度混ぜたら、ザルにあけて水分を切り10分置きます。

6、水分を切ったらボウルへ入れ、ラップをして35℃で1時間〜1時間半。

7、更に出てきたホエーの水分を捨てて、再びナイフでサイコロ状に切ります。

8、大きめの鍋に90℃くらいのお湯を沸かします。

9、⑥のカードを数回に分けて入れ、その都度木べらを使ってカードを温めながら、折り畳むようにして練っていきます。

10、最後に表面に皮がピンと貼るように丸めて口を閉めたら、冷水に取って冷やします。残りも同じように作っていきます。

11、荒熱が取れたらすこし濃いめの塩水につけて、好みの塩味をつけて完成です〜!!

モッツァレラチーズを塩水に浸している間に、チーズタッカルビ作りに取り掛かっていきましょう〜♪
▼▼タッカルビのレシピは次のブログへ▼▼

◇フレッシュモッツァレラを実食してみよう◇

今回はチーズタッカルビに使用するために作りましたが、
余った分は後日、モッツァレラチーズの大定番料理!
カプレーゼにしていただきました〜

2日塩水に浸けて置いてからいただきましたが、
出来立てを食べるよりも少し柔らかくしっとりとした食感

塩分も全体に馴染んでいる感じがしました〜

タッカルビで加熱した場合は、
今回の出来だと少し伸びが悪く感じましたが、

フレッシュのままサラダとして食べると
市販のものと比較しても遜色なくて美味しい!

なにより、手間ひまかけて作った分愛着が湧いて
より一層美味しく感じます〜!!

レンネットが手に入ったときは
おうちで実験感覚で作ってみるのも面白いですよ〜

Pocket
LINEで送る

コメントを残す