NHK『北海道中ひざくりげ』が最終回!江丹別の大地に未来の灯す

Pocket
LINEで送る

NHK北海道総合で3月13日に放送される「北海道中ひざくりげ」(午後8:00、北海道ローカル)

テーマは「厳寒の大地に未来を灯(とも)す ~旭川市 江丹別町~」。

33年続く名物番組の最終回に江丹別の「世界一の村」を特集していただきました。

北海道中ひざくりげって?

同番組は昭和62(1987)年に始まった紀行ドキュメントです。

旅人が北海道各地のすてきな人たちと出会い、その土地の風土や自然を伝えるもので、南こうせつさん作詞作曲のテーマソング「北の旅人」とともに長く親しまれてきた長寿番組。
この曲を知らない道民はいないと断言しても良いくらい、全ての人の心に残っている番組です。

自然災害との闘いや産業構造の変化、人口減少など、さまざまな試練にさらされる故郷・北海道で生き抜く人々の力強さと底力を丁寧に見つめてきました。

あらすじ

最終回の舞台はこの冬、国内最低となる氷点下36度を記録した極寒の町・旭川市の江丹別。
人口300人ほどの山間の町には、今、「ここを世界一にしよう」と動く若手たちがいる。
世界中にファンを持つこだわりのチーズ職人・伊勢昇平氏をはじめ、町外から移住してきたフランス料理のシェフ、北海道ならではの森を育てたいと願う木こりなど、それぞれの夢がつながり、熱気を帯びていく様子を紹介する。

ホームページはこちら

Pocket
LINEで送る

コメントを残す