ブルーチーズを作る!北海道のチーズ職人が教える美味しいブルーチーズの作り方

Pocket
LINEで送る

どうも、ブルーチーズドリーマーの伊勢昇平です。

ブルーチーズってどうやって作るんですか?とよく聞かれるので

ここは思い切って作り方を大公開しちゃいます!

さあ、作り方を見てみましょう。

ブルーチーズを作ろう

①まずは絞ったミルクを運びます

チーズバットと呼ばれる大きな容器にミルクを移したら、70度まで温度を上げて殺菌した後、乳酸菌青カビ酵母を入れます。

フランスから輸入したものを使っていてそれぞれチーズによって数百種類もの菌が販売されてます。この中からミルクにあった菌を選んで使っていきます。

③発酵が進み始めてきたら次はレンネットの投入です。

これはミルクのタンパク質を固める酵素でできていて、通常は水分に溶けているミルクのタンパク質水に溶けることができなくすることで固まります

しばらく置いておくと杏仁豆腐みたいになります。

ここまでの内容はこちらの動画をご覧ください。

④しっかりと固まったら専用のワイヤーカッターでサイコロ状にカットしていきます。だいたい1センチ角になります。

白い固体黄色い液体に別れましたね。白いのがチーズ、黄色いのがホエーです。豚とかによく飲ませてるやつ。実はあれ別に豚に飲ませても豚肉の質が良くなるという事実はないんですけどね。

⑤カットが終わったらゆっくりと崩れないように撹拌していきますが、だんだん強く混ぜていくのがポイントです。そうすると表面にが張ってきます。

この膜がとても大事で粒同士がくっつき合うのを邪魔するのでチーズが出来た時にチーズの内部が穴だらけになるんです。この膜を作ることをフランス語でコワファージュといいます。その隙間に青カビが生えるというわけです。

動画の続きです

⑥季節にもよりますが大体1時間ほど混ぜてしっかりと膜ができたら型入れです。円筒状の型に柔らかく流していきます。

型に山盛り一杯入れたら、あとは定期的に反転して上下のムラが出ないようにホエーを抜いていきます。これで1日の製造がひと段落になります。

動画です。これでひと段落!

これで液体だったミルクチーズになりました。

ここからさらに熟成していきます。2ヶ月から3ヶ月の長い期間を経て綺麗なブルーチーズになっていくんです。

こちらの動画でご確認ください!

ブルーチーズを熟成しよう!

いかがでしたでしょうか。ブルーチーズがどうやってできるかわかってもらえましたか?

チーズは自然の力と人間の創意工夫の結晶なんですね。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す